諏訪湖の御神渡り2021は明けの海として記録【まとめ】

諏訪湖 諏訪湖

3季ぶりに期待してた諏訪湖の御神渡は見ることはできませんでした、出現しない「明けの海」は3年連続として記録されました。

小寒の1月5日から早朝の6時半から2月3日まで毎日、諏訪市の八劔神社の宮坂宮司をはじめ氏子総代の役員の方が気温、水温、氷の厚さの観察を約1ヶ月間実施してきました。

この記録は室町時代(1444年)から現在まで継続して観察をしてきたことが歴史的にとっても価値ある記録だと感じました。

八劔神社の記録によると「明けの海」となったのは578年間で74回だそうです、それも近年になってから「明けの海」が顕著になってきています。

この明けの海は平成になっての以降33年間で24回が明けの海の記録となってしまいました。

宮坂宮司さんのお話によると江戸時代の初期の100年間で御神渡りができなかったのはたったの1回しかなかったそうです。

昔は寒かったのかな~、私の子ども頃も御神渡りは普通に見ていてしかも最近の御神渡りの氷のせり上がりはとっても小さい感じですが、当時は1m位あった山脈のようか印象が残っています。

これも温暖化の影響でしょうか?それとも近代化にともなう環境変化による生活様式の変化で河川が汚染されて諏訪湖の氷が張らなくなったのか・・・。

素人の私にはそれ以上深く考えることはできないので答えはみつかりません。

スポンサーリンク

諏訪湖の御神渡りの観察記録2021

昭和元年からの諏訪湖の御神渡りの出現状況です。

御神渡り出現年号明けの海
元、2、3、4、5、6、8、9、昭和元年~9年7
10、11、13、14、15、16、17、18、19、昭和10年代12
20、21、22、23、25、26、27、29昭和20年代24、58
30、31、32、34、36、38昭和30年代33、35、37、39
40、41、42、43、45、49、昭和40年代44、46、47、48
50、51、52、53、55、56、57、58、59昭和50年代54
60、61昭和60年代62、63、
3平成元年~9年64(平成元)、2、4、5、6、7、8、9、
10、15、16、18、平成10年代11、12、13、14、17、19
20、24、25、30平成20年~31年21、22、23、26、27、28、29、31(令和元)
令和2年~2、3

諏訪湖の御神渡り全面結氷で期待

諏訪湖が1/13に全面結氷したので見に行きました、諏訪湖の遊覧船も氷で動けません。

諏訪湖の遊覧船、白鳥丸
諏訪湖の遊覧船、白鳥丸

この日の様子の記事はこちらにまとめました。

諏訪湖の御神渡り大寒に期待したが

1/20は大寒で寒さの予報も期待ができたので諏訪湖へ行ってみました。昨夜からの強風で諏訪湖は白波が立っていて全面結氷した諏訪湖の氷は岸に吹き寄せられていました。

諏訪湖の氷が溶けた

御神渡り神事をつかさとる関係者

神事関係者の写真提供はaichanさんからお借りしました。

御神渡り神事をつかさとる関係者
御神渡り神事をつかさとる関係者が水温や気温の測定中

八劔神社の宮坂清宮司や総代ら13人諏訪湖の結氷状況を観測しています。
毎朝早朝6時30分前に集合しています、まだ日の出にはならなく付近は暗いです。

諏訪湖に流れる舟渡川
早朝の舟渡橋

水温は氷点下0.5度で気温は-8.4度で今季1番の寒さとなりました、でも湖面は砕けた氷がザブーンザブーンと波音を立て冷たい風は容赦なく肌を突き刺さっていました。

ドローンも観測に協力していました。

ドローン
諏訪湖上を飛ぶドローン

観察中の神事を司とる八劔神社の総代関係者のまわりに報道陣で一杯です。

御神渡り報道陣
新聞、TV関係の報道陣
諏訪湖の御神渡りを観測を取材している報道陣
舟渡橋の上は報道陣で一杯

日の出は6:40分頃です、舟渡橋からの様子です。

諏訪湖畔からの日の出
日の出

御神渡りの観察の様子を、ぜひaichanさんの動画でもご覧ください。

諏訪湖の御神渡り再び全面結氷

1/25には再び諏訪湖は全面結氷しました、23日24日と連日の雨降りで半ばあきらめていましたら再び諏訪湖が全面結氷しまいした。

前回(2018年)の御神渡りもいったん溶けてからの御神渡りの出現でしたので、もう一度夢をと期待しました~。

全面結氷した諏訪湖
舟渡川河口、全面結氷した諏訪湖

まとめ

  • 諏訪湖の御神渡りは3年連続「明けの海」で氷がせり上がった御神渡りはできませんでした。
  • 昨年と一昨年は全面結氷すらしなかったので1/13の全面結氷には期待したが残念でした。
  • 2/3の立春をもって八劔神社の関係者の観測は終わりました。ご苦労様でした。
  • 2/21に八劔神社で「明けの海」を報告する「注進奉告(ちゅうしんほうこく)祭」
  • 奉告祭のあと総代の皆さんで諏訪大社上社本宮で注進状を奉納して御神渡り関連行事の終了となります。
  • 注進状を奉納した結果は諏訪大社を通じて宮内庁に上げ、気象庁に報告されます。

コメント

  1. 牛山生子 より:

    本当にお疲れさまでした。
    皆さまの切なる願いがとげられなく、お寂しい思いをされたのではとお察しします。
    また、来年に期待しましょう。私も是非一度は拝見したく、生有る限りお祈りしています。
    素晴らしい記録、ありがとうございました。

    • yuuga yuuga(管理人) より:

      牛山さん、コメントありがとうございました。
      明年に期待をつなげたいと思っています。

      これかは春を告げる諏訪湖を楽しんで行きたいと思っています。

  2. 諏訪の化石人 より:

    諏訪湖の「御神渡り」は残念ながら「明けの海」、
    画面を通して改めて自然の力の偉大さを再認識。
    寒中の早朝からの撮影・編集、ご苦労様でした。

    • yuuga yuuga(管理人) より:

      諏訪の化石人さん コメントありがとうございました。
      そうですね、自然のなせる技の前にはどうすることもできませんでした。

      御神渡りで少しでも明るい話題になればと思って書いていました。
      これからも諏訪の良いところを発信していきたい思っています。

タイトルとURLをコピーしました